バランタイン 17年 トリビュートを飲んで・・・バランの中に個性的な新顔が加わりました

TOP

★Booze World☆

==ウイスキー価格モニター==

==ウイスキー価格遷移==



★蒸留所MAP☆

★Oldman's Choice☆

豆知識

最新の投稿

■アードベック ブラスダ
>>こーゆースタイルも...


■キルホーマン・シェリーバット 2009年(6年)
>>私の色(香りと味)...


■Oishii Wisukii 36-year-old HI
>>たしかに美味しいウ...


■響21年
>>口腔内で揮発する心...


■バランタイン 17年 トリビュート
>>バランの中に個性的...









■バランタイン 17年 トリビュート  [地図から探す]

販売元:ペルノ・リカール

ボトル単価:8600円~

バランタイン17年が1937年にリリースされてから80年経過したことを記念に日本限定でリリースされたもの。通常の17年は熟成にアメリカンオーク樽を中心に使うのに対し、それにヨーロピアンオーク樽とファーストフィルのアメリカンオーク樽を追加。冷却濾過もせず、度数も48%にして原酒の豊かな味を伝えるようにした逸品。

親爺の評価 ★★★★☆

バランの中に個性的な新顔が加わりました

これいいね。バランタインは21年の死角無き鉄壁のバランスに感動と無個性さを感じたけどこれは度数から来る本来の原酒となった多数のモルトの味がいい感じで調和を保ちつつ自己主張するのか、飲んでいて飽きない。ロックにしたらどうなるのかな。少しきょうみもった。もったいないかな?

香り: 心地良いシナモンの香りの中にレーズン系のドライフルーツの香りがひろがるような・・・・48%の度数でそれがやや自己主張ある刺激を併せ持ち、しばらく香りを楽しみたい気分になる。

味: 甘い強い刺激が舌上の狭い範囲を垂直に浸潤していくような。根底は心地良い調和をもった味であり、喉奥まで上品にまとまった刺激と甘さが周りの細胞を刺激していく。

合わせた食べ物:チーズ盛り合わせ

飲んだ場所: 西麻布のBAR「KYU YASUI Tokyo」

バランタイン 17年 トリビュートの蒸留所を探しに行く♪








前へ戻る